旧三福不動産|小田原市にある不動産&リノベーションの会社

[暮らすを楽しむまちえらび:本町]小田原のカルチャー発信地。休日が充実しそうなディープ&個性派エリア

 
これから小田原で物件をさがすぞー!というみなさんのための、小田原市内をエリアごとに紹介していくコラムです。小田原はお城も海も山もある、表情ゆたかで歴史あるまち。だから地域ごとに切り取っていくとそれぞれまったく違った個性が見えてくるんです。
「駅徒歩○分」という条件だけではないそれぞれのエリアの魅力を知ったうえで住む場所を選べば、このまちでの暮らしをさらに楽しめるはず。住みたい場所を見つけるお手伝いができたらうれしいです。
 
 
今回は「本町(ほんちょう)」をご案内します。小田原城の東側、お堀に面した城下町エリア。ナショナルチェーンが並ぶ小田原駅周辺に比べ、“ディープ小田原”と呼びたくなるキャラの濃いスポットが集まっています。駅から近めの便利さもさることながら、小田原のカルチャーにどっぷり浸かりたい方にはオススメの面白い場所です!
 

 

昔ながらの小さいお店で、地元感あるお買い物

本町は、大きな通りはすべて商店街なのでは?!と思えるほどあちこちに商店がある商店街密集地。今はシャッターが下りてしまっている建物も多くありますが、昔ながらのお店が残る下町です。明治26年(1893年)創業のかつおぶし屋さん「籠常商店」、鶏肉と鶏卵の専門店「三河屋商店」、和菓子屋さんの「伊勢屋」、地酒を中心に品揃え豊富な「箱根屋酒店」などを行きつけにして地元感あるお買い物を楽しむ、なんてちょっとワクワクしませんか?ほかにも海沿いの“かまぼこ通り”には老舗のかまぼこ屋さんがたくさん並んでいて、お気に入りのお店でさまざまな練り物を買うことができます。スーパーで一気にまとめて買うのも便利だけど、小さな専門店でお店の人とコミュニケーションを取りながらお買い物する、そんな暮らしが似合うのが本町なんです。
 

籠常商店:店内に入るといい香り。木の箱にいろいろな種類の鰹節が並びます。


三河屋:新鮮な鶏肉と卵が手に入ります。お店の方とおしゃべりしながら献立を考えるのも楽しい。


伊勢屋:梅や湘南ゴールドなど、小田原らしいオリジナルの味の商品も。写真は夏限定の水まんじゅう。


箱根屋酒店:地酒のラインナップが豊富。数量限定などの希少なお酒も扱っています。


 

宮小路・青物町は昼も夜も楽しい、老舗とニューカマーが混じり合うエリア

そして本町のなかで旧三福不動産が大好きなのが、小田原のディープスポット“宮小路”と浜町にまたがる“青物町”です。このあたりはスナックやバー、小料理屋などが集まる旧歓楽街。コの字型のカウンターで常連さんとワイワイ飲める、新鮮なお刺身が居酒屋「大学酒蔵」や、気さくな女将さんが迎えてくれる、こちらも海鮮がおいしい和食「西條」ほか、地元の人たちが足しげく通うのも頷ける昔ながらのイイお店がいっぱいあるんです!
 
そんな宮小路・青物町エリア、ここ数年ますます面白くなってきています。バーも併設するゲストハウス「Good Trip Hostel & Bar」が2017年にオープンして以来、カフェ、セレクトショップ、バー、牛たん専門店、ワインショップ兼バー、シェア店舗、お菓子屋さん…などなどジャンルを越えて新しいお店が年々増えているんです。その勢いは、小田原の新しいカルチャーがここから生まれてる、と言いたくなるほど。人の流れも少しずつ変わってきて、夜はもちろん昼も楽しめるようになってきました。
この近くに暮らしたら、個性あるお店をあれこれ巡れるから休日がとっても充実しそうです!宮小路・青物町エリアについてはこちらのコラムでも詳しくご紹介しています。弊社が携わった、載せきれなかったお店も網羅していますのでぜひチェックしてみてください。
 

宮小路にはスナックや小料理屋などが並びます。


宮小路&青物町の新たな名店!左上から時計回りに「cafe EVERGREEN」「Quindici del Mare(クインディチ デル マーレ)」「NonFlag」「牛たん 満月」


 

お神輿&駅伝!ビッグイベントをご近所で

このエリアに暮らす醍醐味は、お正月の箱根駅伝と5月に行われる松原神社の例大祭という小田原のビッグイベントをご近所で体感できること!本町を横断する国道1号線は箱根駅伝のルートになっているので、箱根へ向かう選手を間近で応援することができるんです。普段何気なく使っている道を選手たちが走っていく姿は胸アツです。
そして松原神社の例大祭は、小田原でもっとも大きいイベントのうちのひとつ。2日間に渡って30以上のお神輿がまちなかを練り歩きます。お祭りの最後の“宮入り”では、全国的にも珍しいお神輿を担いで参道を駆け抜ける姿が圧巻です。
 

ふだんは落ち着いた雰囲気の松原神社。


例大祭でお神輿がまちなかに集結する様子は圧巻!


 

「海見えマンション」のある下町。賃貸は少なめ

そんな下町情緒ある本町なのですが、築10年以内の築浅マンションが多いのも特徴です。そのなかには階数や方角によって海の見えるお部屋も少なくありません。実は、小田原駅徒歩圏内で海の見える暮らしをしたいなら戸建よりマンション!とわたしたちはよくご提案しています。小田原の海岸には西湘バイパスがあるので、海ちかエリアだったとしても背の高いバイパスが立ちはだかって普通の戸建の高さではお部屋から海は見えません。その点、高さのあるマンションであれば比較的海が見えやすくなるんです。「これぞオーシャンビュー!」という景色が見えるお部屋も存在するので、根気強く待ってみるのもいいかもしれません。
賃貸だと本町では単身者向けマンションが多くファミリー向けの間取りはマンション・戸建ともにめったに出てこないので、見つけたらかなり貴重です。本町に住みたいな、と思ったら、物件情報をこまめにチェックしてじっくり探していきましょう。
 

海水浴場がわが家の“庭”?!海沿いのまちを満喫しよう

マンションから海が見えるだけでなく、実際に海が近い&市営の御幸の浜プールも近いのが本町のイチオシポイント。本町の「御幸の浜海水浴場」は夏には小さな海の家も登場します。夏はお子さんを連れて海にプールにと思いっきり満喫できそうです。
 

[左]御幸の浜。地元では「御幸ヶ浜」と呼ぶことも多い。[右]御幸の浜プール。写真はオフシーズンのもの。


 
どうでしょう、小田原をぎゅっと凝縮したような濃い〜エリア、本町。
 
今回は本町の中でもごく一部、南側のエリアを中心にご紹介しました。次の更新ではぜひ栄町寄りのエリアについても語りたい…!
今回ご紹介したお店のざっくり所在地マップです。
 

 


このコラムシリーズでは、小田原市内のさまざまなエリアをご紹介しています。気になるエリアはぜひ実際にお散歩しながらその場所の空気を感じてみてください。小田原での暮らしのイメージがきっとむくむく湧いてくるはず!
 
 

これまでご紹介した本町の物件

※すでに募集を終了している物件も含まれますが、参考にしてみてください。
THE 小田原なオーシャンビュー!(売買)
朝陽のバスルーム・夕焼けのキッチン(売買)
水平線の見えるキッチン(売買)
 
 
今回ご紹介した施設、お店はこちらです。
 
▶籠常商店
住所)小田原市本町3-2-12
営業時間)10:00-17:00
定休日)日曜日
 
▶三河屋商店
住所)小田原市本町2-5-8
営業時間)9:00-18:00
定休日)日曜日、祭日
 
伊勢屋 本店
住所)小田原市本町3-6-22
営業時間)9:00-17:00
定休日)木曜日
 
箱根屋商店
住所)小田原市本町4-6-36
営業時間)8:00-19:00
定休日)水曜日
 
Good Trip Hostel & Bar
住所)小田原市本町2丁目13−5
チェックイン)16時~23時
 
▶大学酒蔵
住所)小田原市本町2-14-3
営業時間)17:00-21:00
定休日)日曜日、祭日
 
▶西條
住所)小田原市本町2-7-11
営業時間)17:00-23:00
定休日)月曜日
 
cafe EVERGREEN
住所)小田原市本町2-14-9
営業時間)8:00-17:00
定休日)月曜日
 
Quindici del Mare
住所)小田原市本町2-13-12
営業時間)平日17:00-22:00(Lo 21:00)/土日祝15:00-19:00(Last in)
定休日)火曜日、水曜日
 
NonFlag
住所)小田原市本町2-11-16
営業時間)13:00-17:00
定休日)月曜日、木曜日(臨時休業あり)
 
牛たん 満月
住所)小田原市本町2-5-9
営業時間)11:30-14:30(Lo 13:30)/17:30-21:30(Lo 20:30)
定休日)月-木曜日
 
松原神社
住所)小田原市本町2ー10ー16
 
▼他のエリアのご紹介もあわせてご覧ください!

エリア紹介コラム