旧三福不動産|小田原市にある不動産&リノベーションの会社

不動産の価格はどう決める?

 
不動産を売ろうと考えるとき、気になるのは“いくらで売れるのか”ってことですよね。大切な不動産を手放すのですから、まず最初に知っておきたいことではないでしょうか。このコラムでは不動産の価格を決めるときのポイントをお伝えしていきます。

不動産の価格には〈相場〉があるので、最終的な成約価格(実際に売れた価格)はそこから大きく外れた価格にはなりません。相場はそのエリアの人気や敷地の形、陽当り、建物の状態などさまざまな条件によって市場で自然に決まっていきます。

いくらで売れるのかを知るために、多くの方が不動産屋さんにまず査定を依頼されます。最近では複数社にまとめて査定を依頼できるWEBサイトなどもあり、査定額を見比べるのも簡単になりました。査定には明確な基準があるわけではないので、業者さんごとに査定額にはバラつきが出ます。ここで査定額が高かった業者さんに頼めば高く売れるんじゃないか…と希望を抱きたくなるのが人情ですが、必ずしも提示された査定額で売れるわけではありません。売出価格が相場よりも高ければ買い手を見つけるのは難しくなります。高くても買う、という人が現れるのを根気強く待つか、もしくは売れるまで値段を下げ続ける必要があります。反対に相場よりも安ければ買い手が見つかりやすいでしょう。つまり時間がかかってもいいから出来るだけ高く売りたいのか、多少安くてもいいから早く売りたいのか等のご自身のご希望に合わせて、相場とのバランスで価格を設定するのがベターです。

また同じ物件でも「中古戸建」「古家付き土地」「(建物を解体して)更地」で売るかで価格設定や売主さまの出費も変わります。どれだけの金額を手元に残したいのか、建物を取り壊さずに買主の方に使ってほしいのか、などご希望に合わせていろいろな方法が考えられます。さまざまな可能性を検討してみましょう。
弊社でもいろいろな方法でのご売却をお手伝いしています。参考にしてみてください。

▶建物が古く取り壊しても活用が難しい物件を、リノベして活かしてくださる方へご売却

▶使用感の目立つ築古マンションを、リノベーション前提の方へそのままの状態でご売却

▶「現況引き渡し」の条件付きで築60年の建物を取り壊さずにご売却

▶建物を取り壊し、更地にして売却

どうするとご希望に近い形で売却できるのか、わたしたちにぜひ一緒に考えさせてください。ご希望のない限りご相談後にこちらから営業のお電話などはいたしません。ぜひお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらのフォーム、またはお電話(0465-24-9329)でもお気軽にどうぞ。

お名前

必須

メールアドレス

必須

お電話番号

メッセージ本文