旧三福不動産|小田原市にある不動産&リノベーションの会社

電話

【リノベーション事例】小田原市内 一軒家(O様邸)

 
古民家で暮らしたい、というオーナー様の心をとらえた、気持ちよく風が通るこじんまりした一軒家。この家のたたずまいをできるだけそのままの姿で残したい、というご希望を形にしたリノベーションです。
 

 
>>もともとこんな物件でした
販売当時、こちらは中古物件ではなく『売地』として広告されていました。ですが…ぼくたちにとって“古い家が建っている売地”は、時にあっと驚くお宝だったりするのです。この物件がまさにそうでした。現地に行ってみるとそこに建っていたのは、昭和37年に建てられた4DKの日本家屋。ほとんど建築当時のまま大切に使われていました。この魅力をわかってくれる人は絶対いるはず!と思い、建物にフォーカスを当てて募集を始めたところ、小田原で古民家を探していた現オーナー様、O様ご夫妻がとても気に入ってくださいました。当初は民泊をしたいと考えていたためもう少し部屋数の多い家を希望されていましたが、この家に出会って、逆に「この家で何ができるか」という方向に切り替えたそう。
 
 
>>こんなオーダーをいただいていました
この建物の持つ趣や和のしつらえをとても気に入られていたO様。好きな部分や元の雰囲気を残したまま、不便な部分は改良して暮らしやすくしたい、というご希望だったため、何をどこまで残すかがポイントでした。具体的には、押し入れをなくして部屋を広く使いたい、お風呂場に脱衣所がほしい、お手洗いを変えたい、というリクエストをいただいていました。また、ご自身でも壁塗りをしたいというご希望もいただいていました。
 
 
>>こんなおうちになりました
もとの建物の魅力をめいっぱい活かした、居心地のいい室内になりました。大切にしたのは、おふたりらしい暮らし観。古いものをいつくしみ大事に使うことを楽しめるおふたりならではの、古い部分と新しい部分がバランスよく馴染む空間ができあがりました。間取りの大きな変更はしていませんが、水回り、床、壁を一部新しくしています。当初はシステムバスやシステムキッチンの導入も検討されましたが、最終的には細かな箇所を直すだけに留めました。また、引き戸に木材を足してドアにリメイクするなど、この家にあった古くて良いものをできるだけ残すように工夫をしています。そして、新たに塗った壁のうちテラコッタカラーの部分は、オーナー様がお友だちとDIYされて、ナチュラルで素敵な仕上がりに。DIYにあたり、素材や道具選びのお手伝いや、塗り方のレクチャーなどをさせていただきました。
 
 
>>こんなふうに暮らされています
暮らしながら民泊をしたい、ご友人を招いてお料理やお酒を振る舞いたい、というご希望をさっそく叶えていらっしゃいます。ダイニングキッチンには居酒屋風のカウンターをつくってご友人との晩酌を楽しんでいるそう。いいおうちだなぁ、と毎日思いながら嬉しく暮らしています、というO様。都内から越されて、小田原での古民家暮らしを存分に楽しんでいらっしゃいます。
 
 
>>オーナー様より、こんなお声をいただきました
「物件探しからリノベーションまでお付き合いくださって、とてもとても助かりました。古民家って物件を探すのも大変ですし、リノベーション業者を自分たちで1から探すのも一苦労。まさかその両方をやってくださるところが、小田原にあるなんて。内装工事では、こちらが言わなくても上手いこと考えて古き良きを残すように工夫してくださって、こちらの意向をよく理解してくださってたので、もうお任せします!と思いました。完成したら素敵でびっくりしたくらいです。旧三福不動産さんのホームページは何度も拝見しており、雰囲気や感性が自分たちと合うなと分かっていたので、施工も安心してお任せすることができました。」
 
 
 
>>Before

大切に使われてきたことがよくわかる、とても状態のよい古民家でした。



(募集当時の紹介記事はこちら
 
 
 
>>After

玄関を上がって最初の部屋、ダイニングキッチン。かつてはひんやりしたPタイル貼りだったものを、木肌の感触の感じられる無垢材の床へ。塗装をしていないのでお掃除は大変ですが、これからの暮らしによって素材に自然な色が添えられていきます。


 

1Fの和室は、左手奥にあった押し入れを撤去してひろびろした空間になりました。ちゃぶ台や衣紋掛け、たんすなど、この家に残されていた家具も大事に使われています。


 

1Fの和室を窓側から。新たにできた壁部分はテラコッタカラーに。落ち着いた色味の多いおうちのため、空間に明るさと個性をプラスする赤味のある色をご提案しました。


 

ディテールにも工夫と個性が。(時計回りに)左上:古さと新しさが共存して、一緒に経年劣化していく様子も楽しんでいただけるおうちです。右上:もとの室内窓はそのままアクセントとして。右下:押入れを撤去した場所も無垢材に。左下:既存の引き戸に木材を足してリメイクした脱衣所のドア。


 

2Fも押し入れを撤去し、全面無垢の杉板へ張り替えました。人工的なツヤや強い色味のない自然な木の色が、古い建具や壁ともマッチしています。


 

2Fを逆側から。ベッドのあるエリアなど、塗り替えた一部の壁は、天井や建具に馴染むよう落ち着いた色味に。


 

お風呂場は、レトロなタイルをそのまま残してバスタブを新品に。快適さと便利さ、かわいらしさがアップした洗面所とトイレは、オーナー様が特にお気に入りの場所です。洗面所手前のドアは新たにつくった脱衣所。


 
元のイメージをそのままに、古民家を大切に暮らし継ぐことを選んだO様ご夫妻。そのご意向にできるだけ添えるよう、古い良さを楽しめる工夫を随所に凝らして「この家らしさ」「おふたりらしさ」を形にしました。おふたりと、この家を訪れるひとたちによって、これからさらにあたたかみの増すおうちになっていきそうです。
 
▼こちらは、古民家をリノベーションしたレストランの事例です。
【リノベーション事例】小田原市蓮正寺 店舗(『Cuore Ricco』)