旧三福不動産|小田原市にある不動産&リノベーションの会社

宮小路に「Cafe EVERGREEN」がオープンします

 
2021年3月28日(日)小田原市本町2丁目に「Cafe EVERGREEN」がオープンします。旧三福不動産では仲介と施工をお手伝いさせていただきました。
お店があるのは、松原神社の参道の角。長く空家だった建物が、ヴィンテージな空気を感じるカフェとして生まれ変わります。ここ数年のあいだで少しずつお店が増えている宮小路に、またひとつ素敵なお店が増えました。
 

写真の右奥に見えるのが松原神社。例大祭のときにはこの参道を走り神輿が駆け抜ける、とても大事な場所。


「常緑樹のような生き生きとした一日の始まり」がCafe EVERGREENのコンセプトです。
コンセプトの通り、お店は朝8時オープン。お野菜を中心に、地元の食材をたっぷり使った朝食とブランチがいただけます。
正統派フレンチを学んで、オーベルジュやホテル、カフェレストランで経験を積んできた店主さんのつくるブランチは、カジュアルでありながら味は技術に裏打ちされた本格派です。
 
小田原のまわりにはこんなにおいしい食材がたくさんある、ということを知ってほしいと、当初から地元産の食材をたくさん使いたいと考えていた店主さん。
小田原、南足柄を中心に県西エリアの農家や生産者をあちこち巡って、ご自身の目と舌で納得できる食材をチョイスされています。
メニューには、スズアコーヒー店や如春園など地元の人に愛されるおなじみのお店の名前も!
 

パリの朝食の定番、『クロックマダム』!ホワイトソースとハムとチーズ、さらに目玉焼きが載ったトーストです。とっろとろの卵とホワイトソースがもちもちのパンに絡んで、朝から幸せな気持ちになれます…。


 

こちらは『本日のオープンサンド』。この日は店主さんが厳選したコンビーフがどっさり載ったサンドでした。奥に並ぶのは『ファーマーズサラダ&ブレッド』。


メインのトーストやサンドがおいしいのはもちろん、付け合せの野菜のデリのおいしいこと!野菜そのもののおいしさはもちろん、それぞれの食材の風味や食感を丁寧に引き出してお料理されているんだなぁ、とわかって、ひとくちひとくちを大事に食べたくなる味です。
 

チーズケーキ。季節によって変わるデザートも楽しみ。


小田原駅からお店までは海の方向へ歩いて12分ほどとちょっぴり離れていますが、駅前の喧騒から離れるからこそ、わざわざ来てくださる方にはゆっくりしてもらえるのこの場所が店主さんは気に入ったのだそう。
店主さんがセレクトした好きなものに、古くからのご友人やお世話になった方からの頂きものが加わった店内は、古道具屋さんで選んだ鏡や作家さんのうつわ、古材でつくられたテーブルなど、アンティークなものと職人さんの手仕事が光る作品が並んだ、とても落ち着く空間です。
 

 


“ひとりでの営業なのでもしかしたら最初はお待たせすることもあるかもしれませんが、精一杯努めますのでぜひお食事と会話を楽しんでください”と店主さん。いずれ店頭での野菜の販売や、オリジナルのキッチンウェアの制作もしていきたい、と考えていらっしゃるそう。お食事だけではない楽しみも増えそうです。
 
ちょっとのんびり起きた休日にここでブランチをしてから海を見に行くとか、お仕事前に朝食を食べて元気と栄養をチャージしていくとか、すてきな朝の時間をすごしにいらしてください。営業は17時までなので、ランチやティータイムにもぜひ。
 
▼Cafe EVERGREEN
住所)小田原市本町2-14-9
営業時間)8:00〜17:00
定休日)月曜日
instagram)@evergreen_odawara