旧三福不動産|小田原市にある不動産&リノベーションの会社

[戸建]床の間がワークスペースに大変身。細部まで遊び心のある和洋折衷な住まい

 
どっしりとした純和風な日本家屋が、遊び心のあるカラーリングの快適な住まいになりました。耐震補強はもちろん、屋根の葺き替えや外壁の塗り替え、お庭の改造も含む、おうちの外も中も生まれ変わったフルリノベーションの事例です。

 

リノベーション後

ウォークインクロゼット

縁側・玄関

リノベーション前


 
 

間取り

Before(1階のみ)

After(1階のみ)

 
●主な変更部分
・8畳和室の続き間は、あいだのふすま・欄間を取りはらって広々したLDKへ
・床の間と押し入れだった場所は広いデスクのワークスペースに
・使いやすいシステムキッチン、ユニットバスへの交換
・使い勝手の悪い納戸を収納力たっぷりのウォークインクロゼットに
・古い屋根の葺き替え、外壁の塗りなおし
・荒れた庭木や石の撤去、新たに芝張りとウッドデッキの造作
 


 
>>もともとこんな物件でした
この物件は広い縁側や続き間があり一見古民家風ですが、新耐震基準(1981年以降に建てられた建築物に適用されている、耐震のための設計上の基準)の建物で安心なのが、施主さまが気に入られたポイントのひとつでした。
一般的な住宅よりも太くて立派な柱や梁、また襖一枚を見ても立派に作られており、建築当時の持ち主様や大工さんのこだわりも垣間見えました。
 
 
>>こんなオーダーをいただいていました
間取りに関しては、家事動線の良さと収納力のアップがご希望でした。また、おうちでもお仕事ができるようなワークスペースが欲しいとのご要望もいただいていました。
 
 
>>こんなおうちになりました
明るく遊び心のある雰囲気がお好きな施主さま。そんな施主さまご家族に合うよう、柱や梁など古いところを残しながらも元々の和風の内装を中和させるようなデザインや素材をご提案しました。

二間続きの和室を一室の広いLDKとし、縁側との境の古い障子は新しいガラス戸へ交換することで外の光が入り明るい室内に。また天井は取り払いあえて天井裏の梁を見せることで、個性的で開放感のある空間になりました。

そしてこのLDKの一部、以前床の間と押し入れだった場所は鮮やかなライトブルーの壁が一際目を引くワークスペースに!工事中施主さまと塗装職人と現場で打ち合わせを重ねることで、ご希望の絶妙な色味が実現しました。
このワークスペースの仕切り壁は構造補強も兼ねており、緩やかに仕切られた空間はお仕事に集中できながらも、ご家族の気配を感じ取ることができます。

また四畳半のスペースをウォークインクロゼットとして使いやすいように整えたり、奥行きが広すぎる押し入れは半分に仕切ってふすま側からも裏側の部屋からも使えるようにしたりと、外部・内部共に収納を効率的に使えるように整理しました。
 
 
>>こんなふうに暮らしています
陽当たりがよく暖かいお部屋を気に入られているという施主さま。以前暮らしていたおうちよりもリビングが広くなり、お子さまががのびのびと遊べるようになったそうです。実はこのおうちは広いお庭付き。これから春にかけ芝や樹木を植える予定で、ますますお子さまと楽しく遊べるおうちになりそうです。
 
 
>>施主さまより、こんなお声をいただきました
「変更等にも対応していただいたり、漠然としていたところがイメージがわきやすいような情報をくれたので助かりました。」
 
 
▼家づくりを最初から最後までお手伝いします!物件探し、ローンの相談、設計、施工までまるごとおまかせください。

家づくり・店づくり相談室