旧三福不動産|小田原市にある不動産&リノベーションの会社

【戸建】広くなったリビングと、猫たちの遊ぶキャットウォークと

 
間取りの一部を大きく変更してLDKを広々とつくり変えた古民家リノベーションです。部屋を横断するキャットウォーク、家具職人によるオーダーメイドのアイランドキッチン、既存の構造を活かして生まれたサンルームなど、憧れと暮らしやすさが共存した住まいになりました。
 

リノベーション後



 

ご入居後




 

リノベーション前


 

間取り

 

Before(1階のみ)

After(1階のみ)

※赤い線で囲った箇所が、今回のリノベで間取りを変更した部分です。

●主な変更部分
・間取りの変更および大きな工事は1階のみ。
・東側中央部分にあった浴室・脱衣室を北側へ移動。
・南側のキッチンをアイランド型に変更し、旧キッチンの腰窓を掃き出し窓にしてサンルームとした。
・縁側を増設。
・北西の和室を洋室へ変更し、主寝室に。
 


 
>>もともとこんな物件でした
販売当初は「古家付き売地」として広告されていた物件です。築60年の建物は繰り返した増築で少し変わった間取りになっていて、空間が細切れになった印象でした。一方で室内は丁寧に使われていて状態がよく、そのまま使えそうな部分が多くありました。また内見時には室内はあまり明るくありませんでしたが、庭の木々を整理すれば陽当たりが良くなると想像できたのが魅力でした。
 
 
>>こんなオーダーをいただいていました
施主さまが猫ちゃんを2匹飼われているため、キャットウォーク付きなど猫と共に過ごせる空間を当初からご希望されていました。そのほかのご希望としてはキッチンはアイランド、リビングはサンルーム付き、全体的なスタイルとしては色味をシックに統一したいというイメージをいただきました。
 
 
>>こんなおうちになりました
主な間取りの変更はLDKとバスルーム。以前は建物の真ん中あたり、キッチンのそばにあった脱衣室・浴室の位置を家の反対側へ移動させることでキッチンの広さを以前の倍近く確保しました。これにより2匹の猫ちゃんとも存分に楽しめる広々としたLDKが生まれました。

ご希望だったアイランドキッチンは、施主様の憧れを叶えた家具職人の手によるオーダーメイド。天板以外はすべて木製で、引き出しのサイズなどもご希望通りに製作しました。またLDKの天井は一般的なビニールクロスではなく黒く塗装した杉材を使用したことで落ち着いたシックな雰囲気に。

室内に明かりを取り込むサンルームも今回のリノベーションの大きな特徴です。当初施主さまは既製品を取り付けるイメージでいらっしゃいましたが、弊社からご提案したのは既存の構造を活かす方法。もともとあった腰窓を掃き出し窓へ変更し、キッチンとの境にガラス戸を設置することで部屋の一角が陽当たり抜群のサンルームに変身しました。部屋中に明かりが取り込めるこのご提案は施主さまにも喜んでいただけました。
 
 
>>こんなふうに暮らされています
施主さまが気に入っていらっしゃるのは、一番大きく作り変えたダイニングキッチンから和室にかけてのスペース。アイランドキッチンのゆったりしたスペースで調理から食事まで完結するので、動きが少なくて楽だそう。猫ちゃんたちもキャットウォークをとても気に入って縦横無尽に駆け回っています。
これから家族が増えたり成長して独立したりと家族構成が変わることも考えられるので、今回のリノベーションであまり手を付けなかった部屋についてはその都度手を入れて使いやすくしていこうとお考えです。
 
 
>>施主さまより、こんなお声をいただきました
「旧三福不動産を知ったのは小田原で古民家の物件を探していたときに物件紹介のWeb記事を見つけたのがきっかけでした。Webサイトの古民家をリノベーションした事例や古民家の物件記事を読んで、ここならいい物件が見つかるかもしれない、と思って相談してみました。これまでも古い建物の工事を多くされているので、リノベーションの打ち合わせの際などにイメージが共有しやすく希望をすんなりと理解してもらえたのが心強かったです。」
 
 
▼家づくりを最初から最後までお手伝いします!物件探し、ローンの相談、設計、施工までまるごとおまかせください。

家づくり・店づくり相談室