【リノベーション事例】小田原市本町 店舗(『Good Trip Hostel & Bar』)

松原神社のほど近く、スナックや小料理屋が並ぶ宮小路にできたゲストハウス『Good Trip Hostel & Bar』。長く空き家になっていた元レストランを改装して2017年3月にオープンしました。レストランからゲストハウスへ。まったく違うお店に生まれ変わった様子をご覧ください。
 
 

* * * * * *

 
 
昭和55年に建てられた元レストラン。2002年頃に閉店し、その後5年ほどは仕出しのための作業場として使われていました。
一時は取り壊して駐車場にするという案もありましたが、宮小路エリアでの開業を希望していた借主さんに出会って、ゲストハウスとして再出発することになりました。


 
 
工事前の1階部分
 

 
 
2階部分
 

 
 

* * * * * *

 
 
元の姿から大きく変わって、旅人を明るく迎えるリラックスした空間になりました。
外観のグリーンは、借主さんの大好きな色だそう。
 

 
 
お店の名前の通り、1階はバーになっています。
宿泊客と近隣住民の方の交流の場にしたい、という思いが込められています。オープン以来、ご近所の方もたくさん訪れているそう。
カウンターの上のペンダントヘッドは、レストランで使用されていたものです。

 
 
2階の廊下です。
バーのスペースより少し落ち着いた色味になっています。
 

 
 
女性専用のドミトリー。もう1室、男女ミックスのドミトリーがあります。
 

 
 
和室の個室が一部屋。
 

 
 
シャワールームはポップな色合いです。
 

 
 
 
かつてにぎわいを見せた宮小路に、この新しいお店ができたことでこれまではあまり見かけることのなかった外国人旅行客や若者が増えてきています。
地元の人からも旅人からも長く愛されるゲストハウスになっていきそうです。