旧三福不動産

電話

【リノベーション事例】小田原栄町 店舗(『good music and life. cafe ももすけ』)

 
2017年12月にオープンした『good music and life. cafe ももすけ』は、小田原駅から歩いて行ける銀座通り商店街のなかにあります。リノベーションというよりもスケルトンからつくり込んだお店ですが、この建物ならではの表情が引き出されて、”イイ顔”のお店になりました。
 
 

 
 
>>もともとこんな物件でした
商店街のなかにありながら長く使われている様子がなく、以前からわたしたちが気になっている建物でした。商店会長さんと協力して銀座通りのシャッターをひとつずつ開けていく取り組みのなかで、大家さまとコンタクトを取り、募集へ。当初は募集に合わせて天井を新しく張り替える予定でしたが、古い天井をはがしてみると、出てきた梁は貫禄と味があって格好よく、むしろこのままで行きましょう!と見せ梁の天井として募集しました。これが功を奏して、この梁を気に入って入居を決めてくださったのが施主さまです。お店を始めようと思う前から銀座通りがお好きだったという施主さまとは、出会うべくして出会った、と言いたくなるタイミングのよさでした。
 
 
>>こんなオーダーをいただいていました
おひとりで営業されるため、物件探しの時点ではもっとこじんまりしたお店をイメージしていたという施主さま。この物件は想定より面積が広かったため、カウンター席を多くとるなど、動線をコンパクトに整理することが欠かせませんでした。また店名からもわかるように、音楽を楽しむカフェ、というコンセプトから、ライブなどのイベントを行えるつくりであることや、DJブースやCDを置けるスペース、物販スペースがほしい、というご希望をいただきました。
 
 
>>こんなお店になりました
ヴィンテージな梁が活かされて生まれたのは、古さと新しさのバランスが取れたクリーンな空間。
調理しながらお店全体が見渡せるよう、またお客さまの出入りが把握しやすいよう、厨房をお店の真ん中に配置しています。また、施主さまの気さくでくつろいだ雰囲気が伝わるよう、なるべく厨房と客席の隔たりをなくして、一体感のある印象に。客席スペースはカウンター席を広く設けつつ、テーブル席と一段上がった半個室を用意しています。おひとりでの営業に必要な見通しの良さや動線のシンプルさを突き詰めていったら、結果的に開放感とゆとりのある店内になりました。
 
 
>>お店のこれから
当初のご希望でうかがっていた通り、音楽、アート、料理などのイベントを行っていかれる予定です。また、神楽坂にあるブラジル・アルゼンチン音楽ファンの御用達だという「大洋レコード」のセレクトCDを委託販売する予定だそう。建物の味わいが深まっていくのと一緒にお店の個性も深まっていく、楽しい予感がしています。
 
 
>>Before

元薬局らしく、募集時は調薬のスペースが独立したつくりになっていました。


(募集当時の紹介記事はこちら
 
 
 
>>After

どんなお店なんだろう?とのぞいてみたくなる、隠れ家感のあるデザインガラスのファサード。


 

壁一面のCDはすべて施主さまが大切にされてきたもの。備え付けの棚は当初の予定のサイズでは足りず、途中で長さを延長しました。


 

天井に高さがあるから、ある程度大きな音でも耳障りにならない響き方をするという効果が。まさに音楽を聴くには最適な環境です。


 

デザインは多くの部分をおまかせいただきましたが、床のタイル張りは施主さまたってのリクエストでした。控えめではあるけれど、梁に負けない個性あるアクセントになりました。


 

カウンターや壁の一部はモルタルで仕上げました。仕上げの素材には、古い梁に調和するよう、時が経って味が出るものをセレクトしています。


 
 
▼一軒家をリノベーションしたレストランの事例です。あわせてご覧ください。

【リノベーション事例】小田原市蓮正寺 店舗(『Cuore Ricco』)